Banana Furniture Store ~お店の扉がひらくまで~

Banana Furniture Store  沖縄でオーダー家具中心に木工活動中です。 実店舗は無く、インテリヤショップ開業に向け前進あるのみ! 木工のことはもちろん、日々のことも記していきたいとおもいます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カミダマサキはじめてのパンツ買い

過ごしやすい季節、お久しぶり、どうもボクです。


やっぱり苦手の文書きはちょっとサボると腰が重い。

大リーグボール養成ギブスしたままブログ更新中であります。


お陰様で忙しくさせていただいているのですが、こういう時って力の抜きどころがわからなくなります。

決めた時間で工房で作業、リズムはいいんですがなんかしっくりこない。

まあ、知らず知らずにに疲れとかストレスとか感じてるかもしれないですね。

気をつけよう。


そういう時はいろいろな人と話をするとスッキリするもの。

てなことで昨日はイッパイしゃべってきました。


月一の木工仲間との勉強会で木工のお話たくさん。

お世話になってるカフェの方に色々相談、雑談、マステ話。


そして、初めてのサルエルパンツの購入。
IMG_0358.jpg
IMG_0359.jpg
IMG_0361.jpg

これボクが一番似合うね。

てか一点ものだからボクしか持ってないし。うふふ。

ポッケ部が染織作家の橋川さんの作品。

デニム部を縫製した作家さんとのお話も聞け、さらに愛着アップ。




記事書いてる途中で「服買ってブログに載せるワシャ乙女か!」とちょっと自分がキモいと思った。


でも、そんなのお構いなし子さんなんです。



てなことで

橋川さんの個展17日(日曜)までやってます。

作品見て元気もらえますよーお時間みつけてぜひ!

IMG_20131110_112939.jpg
IMG_20131110_112930.jpg
IMG_20131110_112924.jpg
nuno_s.jpg




ボクもガンバロー。











 

スポンサーサイト
  1. 2013/11/11(月) 16:51:01|
  2. 刺激人
  3. | コメント:0

おしえてもらう

おはようございます。

今日もいい天気只今、洗濯物を洗濯機にかけ、ブログ更新中であります。


昨日、今日とmokumokuの店番の日、いろんな人との出会いがあります。

昨日もいい出会いがありました。

暑そうにお店に入ってきたお客さま、お茶を出し少しだけお話、
東京から沖縄に移り住んだようで、読谷で飲食店を出すとのコト。
お店のショップカードみたいなのが出来たら、持ってきてくれると
約束してくれました。どんな料理を出すのかな楽しみだ。


以前、おそらく仕事帰りによってくれた女性のお客様、
彼氏さんを連れてまた来てくれました。
その彼氏さん、バードコールにはまったみたいで「これすごい!」と連発、
一つ購入していきました。


ずっと沖縄の作家が作った椅子を探しているというお客様、
「なかなかイイ椅子がない」とのコト。
とても家具に詳しい方で、ボクの知らないことをいろいろ教えてくれました。
「いい椅子を作りたい」それはずっと心の奥で思っていること、
でも、何となく避けていた部分。
量産型の安い椅子が売られていて、デザイン的にも問題ない。
イスをボクたちが作るとなると売値が高くなってしまう。
そのお客様とお話する中で、イスに対する考え方が変わった気がする。
「少し高くなっても、機能的でずっと座っていられるような椅子を作ってほしい」と


イイ椅子を作る


気持ちが高ぶってきた。



今日も店番、今日はどんな出会いがあるのかな、楽しみだ。



  1. 2012/07/15(日) 08:41:14|
  2. 刺激人
  3. | コメント:0

ライバル

書こう書こうと思っていたブログ。
なかなか動かないボクの気持ち。

テンション落ち気味というわけではないんです。
記事ネタもいっぱいあるんですけど・・・
早い話「なまけ」ですかね。



さてさて、お話。

たまに先輩とか、年上の人とかから「俺が若い時はこんなじゃなかったよ」とか
「現役の時はもっとやっていた」とかいう話をされるときがある。
それを聞くと「いまは勝負してないんだー」と心の中で思う。
そう言う人に限って今はなにもしていない人に思えてくる。(皆そういう人ではないでしょうけど
ボクが今まで言われた人たちはそういう人が多かった気がする)
学生時代続けてきたスポーツの世界はそういうことが多かった。

過去の栄光・・・・そんなのいらない、勝負は今。

今ボクの軸は木工。
おそらくずっとやっていくだろう。
今は若手と言われているけど、中堅、ベテランと経験を重ねていく。
ボクはずっと勝負していきたい。



今日(正確には昨日)ある物を渡すため木工の先輩の工房にお邪魔させてもらった。
正確な場所が分からなかったので近くで待ち合わせ、ただ渡すだけの用だったので、
待ち合わせの場所で渡して帰るつもりだった。

そしたら先輩が来て、車の中から「ついてきての合図」。
ボクは先輩の車を追っかけた。
車を2分ほど走らせたら先輩の工房の前で工房の中に案内された。

材料もいっぱい機械もそろっていて「ココから先輩の作品がうまれるんだ~」
と感動。人の工房を見るってあまりないし、なんかワクワクする。

お茶も出してもらって、少しだけどお話させてもらいました。
先輩と言っても2人、ご夫婦で木工家です。
どちらも、ボクにとてもよくしてくれる人。

工房の中を案内してもらい、いろいろ説明してもらいました。
機械の説明、材料の説明、そして作り手なら秘密にしたいジグのこと。
とても勉強になりました。

嬉しかったことは、機械材料ジグのことを聞けたことではなく、
そのことを惜しまず、ボクに教えてくれたこと。

木工家としてボクの成長を期待してくれてるのだと思いました。


またでてきた、ボクの中からのライバル心。

ライバル心が出てるには条件があるようだ。

・現役でがんばってやっている人
・正々堂々やっている人
・人間的に尊敬でる人

その条件がないとライバル心が生まれない。
(木工家に限らない)

二人に追いつくにはまだまだ時間がかかる。
追いつけるか分からないけど、そうなるようにがんばりたい。

勝手にライバル視するのは失礼かもしれないけど、
最近特に増えて来ている気がする。

とても幸せなことだ。

ではでは、明日も木工します。

二人の期待にこたえれるように。

おやすみなさい。
  1. 2012/06/13(水) 03:21:42|
  2. 刺激人
  3. | コメント:0

吸収と期待

昨日は、神戸での県外初出展、カトラリー初見せ、そして弟の初イベント参加。


以前にご紹介したCHAMONさん神戸のカフェ、ボクが製作し木花を置かせてもらっています。
定期的に手作り市のようなイベントをそのカフェ内でしています。
そのイベントに初参加。快く参加OK出してくれたCHAMONさんに感謝。
いい経験になりました。

それに感謝する人がもう一人、ボクの弟。

彼は大阪在住(おそらく定年まで帰ってこないだろう)
沖縄に帰ってくるのは年に一回くらいかな。

そんな弟がボクのこと宣伝しようといろいろしてくれる。

弟は木工のこと木のことはまったく知らない。
初のお店番は緊張したことだろう。

朝イベント準備中の弟からTELが・・・・
普段クールな弟だが、その℡はかなりテンパッテいた。
ボク「今でーじ汗かいてるだろう?」
弟「でーじやばい!」
そのことばを聞いて爆笑してしまいました。
僕の周りには応援してくれる人、刺激をくれる人がいて、
ホンとに嬉しくて、感謝していいます。

当日は近くでビールが飲めるイベントがあったらしく、
イベントが終わりそこで飲んだ一杯目のビールがサイコー!って言っていました。

イベントの詳しいことは弟が撮った画像が届いたら報告しますね。


土日はいろんなことがありましたね。

他業種の作家さんのアトリエ兼ギャラリーに行っていろんなお話ししたり、
(また次の機会にお話します)
前に少しだけ働いていた工芸ショップに行ってお話ししたり、
嬉しいメールがあったり、
あまり連絡とらない親友と飲みに行く約束したり。

そして、今日は現役の芸大生のお友達が仲間と「おもちゃ展」をしているということで、
その展示会を見てきました。
ボクたち木工の作家では発想できない色使いやデザイン、とても刺激を受けました。
いろんな角度から物を見れるようになりたい、そう思いました。

嬉しかったことことがあって、そのお友達から「今度イベントがあるので一緒に参加しませんか?」
といわれたこと。
最近作ったカトラリーもそのお友達にいろいろ教えてもらって作りました。
できればイベントに参加したいけど、やることいっぱい・・・

明日からも気合いれてやります木工!
今週もいい週でありますように。
  1. 2012/06/03(日) 23:05:40|
  2. 刺激人
  3. | コメント:0

第二の人生

最近のブログでのお決まりのあいさつ。

お久しぶりです。


ってなコトでお久ブログ。


時がたつのは早いもので、もう4月。

別れの季節。

卒業、退社、引越し、転勤、イロイロある。


僕もありました、別れ・・・


たまに機械を借りるために工芸支援センターに行きます。
(自分の工房にない機械)


センターでの作業時間は大体2時間から3時間程度。

そこでの楽しみはお友達とのおしゃべり。


ボクは工芸支援センター木工研修を約2年間受けました。

そこで色んな人と出会い 学びました。

研修時代に出来たお友達。


同期の漆科の研修生のおっさん。

Nさん、年は65歳くらいかな。

退職して漆を勉強するために研修を受けていました。


口がわるく、方言でしゃべる。

ボクも為口方言。


そのNさんトコの遊びに行くとお茶出してくれたり、

お菓子だしてくれたり(カメーカメー攻撃)とても気を使ってくれる。

漆の話、世間話、勉強になったし、なんか落ち着く時間でした。


そんなNさん3月で研修を終了、最後の日に研修所によったら自分の

荷物を整理していました。

その日もお昼を一緒にしながらいつものように世間話。


いつものように

ボク「じゃあ行こうね」


Nさん「うん、またね」


それが最後の挨拶。


少しだけぎこちない雰囲気になってその場をあとにしました。


Nさんと次、何時会えるか解らない。


でも、木工やってがんばっていたらどこかで会えるはず。



今度会うときに成長した姿を見せなければいけない。



それがNさんにイロイロ教えてもらったコトへの

ボクからのお礼だ。


  1. 2012/04/01(日) 19:28:39|
  2. 刺激人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。